白髪染め準備に便利な道具と環境とは

この記事は3分で読めます

 

 

白髪染め準備

 

自宅で白髪染めをするにあたっては、

前もって準備が必要です。

 

 

 

道具や環境をきちんと整えておくことが

毛染めの失敗を防ぐ秘訣です。

 

 

 

毛染めを初めてから、必要な道具に気づき、

汚れた手や、髪に毛染めのついた状態で

取りに行った際に床や家具に毛染めがついてしまった!!

 

 

 

なんて事にもなりかねません。

 

 

 

そこで、まずは

 

環境から

 

  • 昼間や電気の下など明るい所で行うこと

 

暗い場所だと、色むらにも気づかず、

外に出て太陽の下で自分の髪をみると

びっくりなんて事にもなりかねませんので(^^;)

 

 

 

  • お手洗いを済ましておく

 

 

トイレに行く

 

 

これ意外に重要です。

 

 

 

  • 新聞紙やレジャーシートを敷いておく

 

大げさなくらい広い範囲に敷いてください。

 

 

 

毛染めは無意識に思わぬ場所まで

飛ぶ場合がありますから。

 

 

 

また極力、壁際などでは染めないでください。

 

 

 

壁紙に毛染めがついたら、落ちないので大変です。

 

 

  • お風呂場で染める場合は、お風呂場を濡らしておく

 

これをすることで、

万が一毛染めが飛び散った場合でも

すぐにシャワーをかけると、落ちやすくなります。

 

 

 

またできれば、

壁には石鹸液を付けておくと、より効果的です。

 

 

 

注意! 床に石鹸水をつけると

滑りやすくなりますので注意してくださいね。

 

前開きで汚れてもよい服を着ておく。

 

 

 

かぶるデザインのものは後で脱ぎにくいです。

 

 

 

 

 

 

次に

必要な道具

 

便利な準備品

 

  • 白髪染め

 

これは基本ですよね(^^;)

 

 

 

パッチテストを忘れずに。

 

 

 

 

  • キッチンペーパーやティッシュまたは汚れてもよいタオルなど

 

これはとっさに皮膚についた毛染めをとったり、

使い終わったコームについた毛染めを

ふき取るときに便利です。

 

 

 

  • ビニール袋

 

小さなものでかまいません。

 

 

 

キッチンペーパー等で

ふきとった後のゴミを入れるための物です。

 

 

 

そのままティッシュなどをゴミ箱に捨てると、

毛染めの飛び散ったり、臭いが気になりますので注意です。

 

 

 

鏡の前で染める場合であっても、

三面鏡でなければ、後の毛まで見えるように手鏡を

用意しておきたいものです。

 

 

 

  • 手袋 

 

白髪染め準備に手袋

キットにセットになっているものもありますが、

サイズが大きかったりと使いにくい物も

ありますのでできれば、医療用のぴったりした手袋が

使いやすいでしょう。

 

 

 

  • 輪ゴム

 

キットの入っているサイズの大きな手袋を使う際には、

手首を輪ゴムでとめておくと、手袋がずり落ちません。

 

 

 

  • 時計 白髪染め準備に時計

 

正確な時間毛染めを放置することが大事です。

 

 

 

  • コールドクリームもしくはハンドクリーム

 

髪の生え際、耳周りに塗っておいてください。

 

 

 

ついた毛染めを落ちやすくします。

 

 

 

また塗っていない部分の皮膚に毛染めが飛び散った

場合は、ティッシュなどにクリームをつけて

直ぐにふくと、綺麗にとれます。

 

 

 

  • 目の粗いコーム

目が細かすぎると、髪が傷みます。

 

 

 

  • ヘアクリップ

ヘアのブロッキングにつかいます。

 

 

 

  • シャワーキャップもしくはサランラップ

 

放置する際に、

かぶって置くことで、より綺麗に染まります。

 

 

 

シャワーキャップがない場合は

サランラップをあらかじめ頭のおおきさより

大きめに切っておき準備しておきます。

 

 

 

このような事を準備しておけば、

ほとんどの場合スムーズに毛染めができるはずです。

 

 

 

関連記事

  1. 白髪予防にサプリメント
  2. 煌髪
  3. 市販の白髪染め口コミ
  4. エフキュアヘアカラートリートメント
JAL日本航空 先得

JALで行くならマイルを貯めよう!

JAL日本航空 JMB入会

瀬戸朝香さんTVCM放映中!

万田酵素デビュー

万田酵素プラス温が無料で試せる

万田酵素の詳細はこちらクリック!