自動車保険の見積もりを抑える5のポイント

この記事は4分で読めます

 

自動車保険を安くするポイントを知って賢く節約しよう!

 

自動車保険見積もりポイント

 

自動車保険料は、事故を起こすリスクが低ければ低いほど、安くすることが出来ます。

 

 

ポイント1 保険料を安くなるポイント

自動車保険を安くするポイントは、1つ目は事故を起こさないことです。

 

 

自動車保険は等級制度があり、同じ補償内容でも等級によって保険料が変わってきます。

 

 

等級は事故を起こすと3つ下がり、無事故であれば毎年1つ上がるので、無事故であればどんどん保険料は割引されます。

 

 

ポイント2 保険料を安くなるポイント

2つ目のポイントは、運転者の年齢を限定することです。

 

 

自動車保険は全年齢補償を基本としていますので、運転者の年齢が21歳、26歳、30歳以上と、段階的に保険料が割引されます。

 

 

自動車保険の継続の際には、運転者の年齢が各制限以上になっていないかを確認することが大切です。

 

 

ポイント3 保険料を安くなるポイント

3つ目は、運転者を限定することです。

 

 

自動車保険は誰が運転しても補償される内容になっていますので、運転者を本人や配偶者や家族に限定することでリスクを減らし、保険料を安く出来るのです。

 

 

ポイント4 保険料を安くなるポイント

4つ目は、詳細なリスク項目設定が可能なリスク細分型保険にすることです。

 

 

ゴールド免許、通勤で車を使わない、年間走行距離が少ない、車の安全装置の充実度などで保険料を安く出来る会社もあります。

 

 

 

ポイント5 保険料を安くなるポイント

5つ目は、複数台割引を利用する方法です。

 

 

車の所有者が同一であれば、2台目からの車の保険料が割引になります。

 

 

上記の条件が当てはまるのであれば、さっそく自動車保険を見直して保険料を節約しましょう。

 

 

 

運転する人を制限して無駄のない自動車保険に見直そう!

 

自動車保険は、運転する人を限定して補償内容を狭めることで保険料を大幅に節約することが出来ます。

 

 

自動車保険は、車に対する補償が主なので、元々はその車に誰が乗っても補償されるような保険内容になっています。

 

 

よって、運転する人を限定することによって、不要な補償を省いて保険料を安くすることが出来るのです。

 

 

運転者の限定は、主に、本人限定・配偶者限定・家族限定といった種類があります。

 

  • 本人限定は、保険の被保険者のみを補償するので、保険料は一番安く済みます。
  • 配偶者限定は、運転者を本人と配偶者の二人に限定するので、二番目に安く出来ます。
  • 家族限定では、本人と家族(同居の親族と別居の未婚の子)のみに限定し、年齢制限は最も若い人に合わせて設定します。

 

 

運転する人を制限する特約を付けた方が保険料は低くなりますが、補償対象者以外の運転で事故がおきた場合は補償外なので、車の利用状況をよく考えて設定しましょう。

 

 

なお、運転者の限定と運転者年齢条件に関しては契約中に変更ができますので、家族構成や家族の年齢が変わったらすぐに契約を見直しましょう。

 

 

 

運転手の年齢を限定して、安い保険料でしっかり補償をゲット!

 

自動車保険は、入っていれば万が一のときでも安心ですが、しっかり見直してみると実は無駄な部分も多いので、自分の入っている保険をチェックしてみましょう。

 

 

自動車保険は基本的に免許証を取得できる年齢の方なら誰でも加入できますが、運転手の年齢を限定することで、保険料を節約することが可能です。

 

 

保険会社では、全年齢補償する保険の他、各社で多少の差はありますが、21歳以上補償、26歳以上補償、30歳以上補償、35歳以上などに限定することで保険料が安くなる特約を設けています。

 

 

運転者の年齢条件は、年齢が高いほど事故を起こす可能性が減ることから、保険料は安くなります。

 

 

運転者年齢条件が適用されるのは、被保険者だけでなく、配偶者やそれらの同居の家族も含みます。

 

 

上記のいずれかの人の家事以外の業務に従事する使用人も含まれますが、設定した年齢以外の人が運転中におこした事故に関しては保険金は支払われません。

 

 

上記のことを注意すれば、夫婦で運転をする場合、二人ともが35歳以上の場合は特約を設定すれば保険料は今までよりも安くなるのです。

 

 

保険のムダを見直して、賢く安い保険でがっちり補償を狙いましょう。

 

 

 

車両保険を限定的なタイプに変更して保険料を安くするには?

 

車両保険の車両自体にかかる保険は、車自体のタイプで決まってきてしまうので、契約者自身が決める事はできません。

 

 

車両保険が高いのは、高級車や輸入車、スポーツカーなどで、安いものはファミリーカーや軽自動車になり、年式などでも変わってきます。

 

 

しかし、車両保険を限定的なタイプに変更することで、車両保険を安くすることも可能です。

 

 

その方法とは、車両保険によって補償される内容を限定する方法と、最初から免責金額を設定しておくことです。

 

 

車両保険はその補償内容によって一般車両保険、限定A、エコノミーに分かれ、保険料も違います。

 

 

一般車両保険は、車両保険で補償できるすべてのリスクカバーするものですが、補償される内容を限定するとは、一般車両保険から単独事故以外をカバーするエコノミー+限定A、車対車の事故だけをカバーするエコノミーなどを選択することです。

 

 

また、事故の時に契約者が支払う金額(免責金額)を設定すれば、保険料を安くすることが出来ます。

 

 

免責金額は多くの場合5万~10万円となっていて、それ以上であればもっと保険料は安くなります。

 

 

自分の走行スタイルに合わせて選ぶことで、 車両保険も節約<できるのです。

 

 

 

自動車保険各社の独自サービスを利用して更なる節約を実現する!

 

保険料を安く抑えたいと思っている方は、保険各社の独自サービスを検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

保険会社に共通の運転者の年齢制限、運転者の制限などの保険料を安くする特約の他、各保険会社それぞれで行っているサービスをご紹介します。

 

 

  • 低公害車両割引は、今流行のハイブリッド車や低公害車などのエコカーは、環境に優しいので保険料の割引が適用されるものです。
  • 福祉車両割引は、高齢者や障害者用に改造された税制優遇の対象となっている車両が福祉社会への貢献していることによって、自動車任意保険の保険料の割引対象になります。
  • エアバッグ設置車両割引は、エアバッグを設置することで事故でのダメージを低く抑えることが出来るので、搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険、自損事故保険などの保険料を節約できる特約です。
  • 衝突安全ボディ車両割引は、最近目覚しい普及を見せている衝突事故を未然に防ぐ機能を持った車両に適用される特約で、搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険が割引対象になります。

 

 

今乗っている車両がどのタイプかを知り、特約で保険料が安くなる保険会社を選ぶのも車両保険を節約する際のポイントです。

 

 

自動車保険一括見積もり

自動車保険料が安いお得な保険を探そう!

 

 

関連記事

  1. 安い自動車保険は比較して見積もりほけクン非常に便利
  2. ビスタプリント名刺の評判を集めてみた
  3. タイムズカード ポイント
  4. 自動車保険料が安い
JAL日本航空 先得

JALで行くならマイルを貯めよう!

JAL日本航空 JMB入会

瀬戸朝香さんTVCM放映中!

万田酵素デビュー

万田酵素プラス温が無料で試せる

万田酵素の詳細はこちらクリック!