webデザイナー転職、有利な仕事を狙うならキャリアをUP

この記事は5分で読めます

 

webデザイナー転職、キャリアをUP

 

webデザイナーとはどんな仕事で、どんな資格が必要なのでしょう?

webデザイナーと言うと、
ホームページを作製するイメージが強いと思いますが、
単なる見かけ上のデザインを行うだけでなく、
それを実際に稼動させるプログラミングや
ネットワークなどへの理解も不可欠となります。

 

 

デザインを行う上で必要な事は、
サイトの目的を的確に理解して、
デザインとボリュームを構築することです。

 

 

ユーザーや顧客の見やすいレイアウトやサイト構成を提案して、
ビジュアルやイメージを明確にしていくのです。

 

 

この段階ではフォトショップやイラストレーターなどの
ツールでデザイン化し、
必要な文章なども書き込んでいく作業も発生します。

 

 

その後、HTMLなどを使って
裏の細かい動作をつけていくのです。

 

 

複雑なプログラミングはプログラマーが
担当することもありますが、デザインと
プログラムが両方出来れば、多くの仕事を任せられ、
報酬もぐんと高くなります。

 

 

webデザイナーのキャリアをアップするには、
多くの資格を取得してユーザーに可能な職種を
アピールすることも大切です。

 

 

webデザイナーとして求められる資格として、
webアプリ開発に欠かせないJavaをはじめ、
ネットワークの開発に欠かせないCCNPなどがあります。

 

 

また、
建築関係の仕事で有利なCAD利用技術者試験なども
最近人気の資格となっています。

 

 

一口にwebデザイナーと言っても、
求められる技術は職種によって違うので、
より有利な仕事や転職を狙うなら、
より多くの資格をとって
キャリアを高めておくことが不可欠です。

 

 

webデザイナーの就職や転職に有利な資格をしっかりゲットしよう

webデザイナーになるためや、
より有利な条件で仕事をするには、
多くの資格を取ることが大切です。

 

 

webデザイナーのための資格として、CAD利用技術者試験、MOS
(マイクロソフトオフィススペシャリスト)や
CCNP(シスコ認定ネットワークスプロフェッショナル)、
Java(Oracel認定JavaWebコンポーネントディベロッパー)、
LPIC(Linux認定)などがあります。

 

 

CAD利用技術者試験は建築関係の仕事では欠かせない資格で、
全国合格率5割の1級建築の他、
3次元CAD利用技術者試験も導入されており、
ますます注目されているweb資格となっています。

 

 

MOSはワードやエクセルなどが
必須なオフィスでは必須の資格で、
多くの企業で取得が奨励されています。

 

 

ネットワークや各種システムが多彩化する中、
CCNPやJava、LPICも従業員のキャリアアップを図るために、
各企業で重視されている資格です。

 

 

就職や転職では資格の有無が大きな判断材料となりますから、
出来るだけ多くの資格をとって、どんな仕事へも対応できる
情報を持っておくことが重要です。

 

 

web技術は日進月歩で進化しているので、
資格試験の内容も毎年のように変更されていますし、
時間と費用を効率よく使うには、必要な資格の
最新情報を学べるスクールに通うことが合格への近道です。

 

 

仕事に直結する内容の講座であれば、
教育給付金制度で補助が受けられますので、
どんどん利用してキャリアアップを図りましょう!

 

 

webデザイナーで転職するならナガセキャリアセンターに通おう!

「今の仕事に将来性を感じないから、

webデザイナーとして転職したい!」

 

と考えている方はいませんか?

 

 

一口にwebデザイナーと言っても、仕事内容は多岐に渡るため、
何から始めたら時間と費用の無駄無く転職できるかを
しっかり考える必要があります。

 

 

そんな方にオススメしたいのが、
就職と転職に強いナガセキャリアセンターです。

 

 

ナガセキャリアセンターは、
大手企業での研修など多くの実績が有るので安心ですし、
CAD利用技術者試験1級建築の資格試験は、
ナガセ受講生が全国の合格者中74%など、
驚きの合格率を誇っています。

 

 

他の資格試験の合格率も、パソコン操作に欠かせない
MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)は99.3%、
ネットワーク構築知識のCCNP
(シスコ認定ネットワークスプロフェッショナル)は97.0%、
アプリ開発に不可欠な
Java(Oracel認定JavaWebコンポーネントディベロッパー)は95.2%、
LPIC Level2(Linux認定)は100%など、
転職に有利な資格に対して非常に強いのがナガセの特徴です。

 

 

仕事をしながらの転職活動でも無理が無いよう、
平日9時半まで&土日も開講していますし、
全国24箇所のスクールは駅徒歩5分以内と
通いやすい立地となっています。

 

 

30以上の講座があって、
自分の取得したい技術が2ヶ月からの短期間講座で習得できますし、
転職エージェントが1対1で丁寧に相談に乗ってくれるので
転職にまつわる様々な不安も払拭できるのです。

 

 

webデザイナーになりたいけど、具体的にどんな仕事をするの?

webデザイナーと言う職種は良く聞くけど、
具体的にどんな仕事内容なのか良く分からない…
という方も多いのではないでしょうか?

 

 

webデザインとは、
皆様が良く目にするホームページのデザインを考えて、
構築していく仕事です。

 

 

依頼主のイメージに合ったように、
写真や素材をPhotoshopやIllustratorといった
画像処理ソフトでアレンジし、
多くの人の目をひきつける魅力的なサイトを
作成するのが目的となります。

 

 

 

最近のホームページは
動画やゲームと言った要素を含むことも多いので、
アプリ開発の知識やより広いデザイン知識が
求められることが多くなっています。

 

 

会社に入ってプロジェクトチームに配属されて
デザインだけを担当する場合は
デザインだけの知識でも足りますが、
サイト開発者の意図を汲み取れるだけのプログラミング知識や
多くのメンバーと仕事を進める上でのコミュニケーション能力も
必須となってきます。

 

 

webデザイナーとして独立することも可能なのが
大きな魅力でもありますが、その際はパソコンの基礎知識は勿論、
ネットワークやコーディングなども一人でこなす必要が出てくるため、
より広く深い知識と技術が不可欠となります。

 

 

 

インターネットにまつわる知識や技術は日進月歩で得た
知識はすぐに刷新されてしまうこともあるので、
常に新しい情報へのアンテナを張って
知識の吸収を続けることが大切なのです。

 

 

 

頑張れば頑張るほどキャリアアップできる
のがwebデザイナーの仕事の大きな魅力です。

 

 

webデザイナーの年収と将来性はどんなものでしょうか?

遣り甲斐と将来性のある仕事として注目を集めている
webデザイナーですが、どれ位の年収で、
どういった労働環境で働くことになるのでしょうか?

 

 

webデザイナーにもスキルによってかなりのランクがありますので、
基本のwebデザインとHTMLなどを用いた簡単なタグが作成出来る
レベルだと年収250万円程度、
凝ったデザインとSEO対策まで意識した
コーディングでネット対策が出来るなら400万円程度となっています。

 

 

基本的な技術に加え、
求められた以上のものを作り上げたり、
クライアントへのプレゼンテーション能力が高い、
チームメンバーとのコミュニケーション能力が高いなど、
プラスアルファーでより高い年収が見込める場合も多いのです。

 

 

既存の技術に囚われることなく、
今やパソコン市場を抜きつつあるスマホへの対応や、
JavaScriptを使った様々なアプリ開発、
WordPressやFlashを駆使しての高品質のwebデザインが
問題なく提供できれば、年収は500万以上を見込めるのです。

 

 

自分のスキルを上げれば、
どんどん仕事をこなせるようになるので、
時給単価も上がってきますし、
自分次第で仕事の幅を広げられるのが大きな魅力なのです。

 

 

また、webデザイナーとして充分な技術が身に付けば、
より遣り甲斐があって高年収の
WebディレクターやWebプロデューサーへの転身も可能です。

 

 

頑張り次第で仕事も人脈も広がっていく
webデザイナーは、多くの可能性を秘めた
働き甲斐のある仕事なのです。

 

 

関連記事

  1. webデザイナーを独学で学ぶ男子
  2. 高校生 夏休み バイト おすすめ
  3. webデザイナー未経験しっかり指導する
  4. 全国高校生バイト探しマップ
JAL日本航空 先得

JALで行くならマイルを貯めよう!

JAL日本航空 JMB入会

瀬戸朝香さんTVCM放映中!

万田酵素デビュー

万田酵素プラス温が無料で試せる

万田酵素の詳細はこちらクリック!