福岡のイベントはコレ!8月は楽しい思い出つくっちゃおう!!

この記事は2分で読めます

 

花火

 

7月の「博多祇園山笠」が終わった頃、「福岡の夏も終わったね」という声を耳にしました。

確かに、福岡の一大イベントですもんね。

 

でも待って!8月のイベントもまだまだ残ってますから!

今年の夏休み、どこに行こう?何しよう?という人も必見ですよ!

 

イベント大好きな福岡在住の私が、福岡の夏はこれからよ!

という夏真っ盛りの8月のイベントをご紹介しましょう。

 

 

 

暑い!熱い!でも楽しい!福岡の祭りならコレ!

 

  • わっしょい百万夏まつり(北九州市小倉北区)

私が大好きなお祭りです!毎年8月の第1土曜日、日曜日に行われています。

2017年で30回目を迎えます。

 

小倉祇園太鼓や黒崎祇園山笠のステージがあり、北九州市内の各地区の出し物を一気にみることが出来ます。

最大の見ものは、市民1万人が踊る百万踊り。

 

現在は『いいっちゃええっちゃ北九州』の曲がおなじみになっていますが、私の知っている30代の小倉っ子は、お祭りがはじまった当時の『燃えろみんなの北九州』というテーマソングを「わっしょい言うたらコレっちゃ!」と言います。

 

地元の人にとっても、小さい頃から慣れ親しんだ楽しいお祭りなんですね。

 

 

  • 水郷柳川夏の水まつり(柳川市・からたち文人の足湯公園一帯)

陸!エリアと水!エリアに分かれて、それぞれ水に親しむメニューが体験できます。

なかでも、水上に敷かれた約20mのゴザの上を駆け抜ける『水上ゴザ走り』や、昔ながらのはんぎり(おけ)をこいでタイムを競う『はんぎり競漕』など、小学生から楽しめるユニークな競技もあります。

 

私は、巨大な風船の中に入って水上を転がる『水上風船』や、今流行りの『SUP』が楽しそうだなと思っています。

 

 

 

どこから見る?今年の花火大会!

 

福岡の各地で開催される花火大会。

花火はもちろん、ステキな景色も楽しみたいなら、関門海峡花火大会(北九州市門司区)、駅からスグ、街なかから見るなら、西日本大濠花火大会(福岡市中央区・大濠公園)がオススメです。

 

関門海峡花火大会は、門司側と下関側から打ち上げるので、海岸線ならどこからでも見られるのが嬉しいです。

人混みで見えなかったりすると、何しに行ったんだ?ってなっちゃいますもんね。

 

毎年大混雑しますので、ゆっくりと見たい方は、門司側に有料の特別席があるので予約をオススメします。

 

西日本大濠花火大会は、例年40万人を超える人が大濠公園に押しかけます。

2017年は6,000発の花火が都会の空を彩りました。

 

 

 

暑いのが苦手な人にはコレ!涼しいイベントもあるんです!

 

「夏の動物園」と聞いただけで暑くなってしまいそうですが、夜の動物園なら暑さもひと段落しているのでオススメです!

しかも、日中はグッタリしてほとんど動かない動物たちが、夜になると実にイキイキしてるんですよね。

 

2017年、夜の動物園をやっているのは、福岡市動植物園(福岡市中央区)、到津の森公園(北九州市)、大牟田市動物園(大牟田市)です。

ちなみに、夜の水族館はマリンワールド(福岡市東区)でやっています。

 

ライオン

 

 

SNS映えする写真を撮りに行こう!

 

8月はヒマワリが一斉に満開になります。

ヒマワリは見るだけで元気をくれるので、大好きな花です!

 

博多湾に浮かぶ能古島の「のこのしまアイランドパーク」では、海とヒマワリを一緒にカメラにおさめることが出来るので、夏らしい写真が撮れますよ!

 

しかも、ヒマワリを摘み取って持って帰ることができます。

 

 

 

まとめ

 

  1. 祭りで楽しもう!わっしょい百万夏まつり、水郷柳川夏の水まつり
  2. 花火を見よう!関門海峡花火大会、西日本大濠花火大会
  3. 涼しく過ごそう!夜の動物園
  4. きれいな風景を見よう!能古島のヒマワリ

 

これで、8月の福岡も楽しめるんじゃないでしょうか?

山笠が終わっても、楽しいことはたくさんあるんです。

みなさん!楽しい思い出が作れるように祈っとうよ!

 

 

関連記事

  1. お城
  2. 座席の案内図
  3. 明太子
  4. かぼちゃ
JAL日本航空 先得

JALで行くならマイルを貯めよう!

JAL日本航空 JMB入会

瀬戸朝香さんTVCM放映中!

万田酵素デビュー

万田酵素プラス温が無料で試せる

万田酵素の詳細はこちらクリック!