Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/step7/89date.com/public_html/wp-content/themes/pospa/functions.php on line 317
白髪染めは保存できるのか保存できない?お答えします | ヤクダテ

白髪染めは保存できるのか保存できない?お答えします

この記事は2分で読めます

 

 

白髪染めは保存できる?

 

白髪染めをしていて、

混合液が残ってしまう事ってよくありますよね。

 

 

 

最近では1剤と2剤を混ぜて混合液を作らなくても

よい商品もありますが、ドラッグストアへ行くと、

セールになっているものが混合液を作るタイプの

白髪染めであったりすると、ついついお値段につられて、

液を余らせてしまうと分かっていても、買ってしまうものです。

 

 

 

その余った混合液、次回まで保存しておきたい気持ちは

分かりますが、残念ながら保存はできません。

 

 


混合液を長時間おいておくと、

毛染め効果がなくなってしまうからです。

 

 


また容器をきっちりしめて

空気に触れないようにしておけば大丈夫かも・・・

 

 


なんて思いたくなりますが、これは非常に危険です。

 

 

 

混合液はガスを発生しますので、

密封された容器の中でガスが溜まり、

時に、容器が爆発する恐れがあります。

 

 


髪の長い方なら、混合液をすべて使い切ってしまうので、

1剤、2剤を混ぜるタイプは価格的にもお手頃なので、

オススメはできますが、髪の短い方や、

部分染めをしたい方であれば、逆にこの手のタイプの物は

不経済になってしまいますので、

混合液を作らなくて良いタイプの物を

購入することをオススメします。

 

 

 

例えば1剤、2剤と分かれていても、

それぞれがチューブに入っており、使う分だけ混ぜ合わせ、

使えるものなら、その後も3ヶ月程度保存可能です。

 

 

 

若干1剤の色が変色することがありますが、

特に問題ありません。

 

 

 

また今ではワンプッシュタイプのものなどもありますので、

混合液を作るタイプのものより、お値段が若干上がりますが、

余らせて捨てる事を考えれば、こちらの方が結局は経済的とも

言えますので、是非こういうタイプの物をお使いくださいね。

 

 

 

またどのタイプにしろ、白髪染めを購入したのけど、

開封せずにずっと家で眠っていたものに関しては、

当然ながら、その毛染めのケースに記載されている

消費期限内であれば使う事ができます。

 

 

 

その期限は3年とされているものが多いようです。

 

 

 

関連記事

  1. 白髪が生える
  2. ストレスで白髪
  3. 白髪は抜くと増えるの?
  4. 黒耀シャンプー・ヘアパック
JAL日本航空 先得

JALで行くならマイルを貯めよう!

JAL日本航空 JMB入会

瀬戸朝香さんTVCM放映中!

万田酵素デビュー

万田酵素プラス温が無料で試せる

万田酵素の詳細はこちらクリック!