輸入タイヤの性能は?低価格な上に性能が良く好まれる

この記事は5分で読めます

 

 

輸入タイヤのオートウェイ

 

最近急増している激安輸入タイヤの性能は?

 

現在日本では、主に人件費の安い台湾、韓国、中国、インドネシア等で製造されている多くの激安輸入タイヤが売られています。

 

 

激安輸入タイヤの代表的なメーカーとしては、台湾のNANKANG(ナンカン)やインドネシアのATR RADIAL(エーティーアールラジアル)、韓国のNEXEN(ネクセン)等が挙げられます。

 

 

気になる激安輸入タイヤの性能ですが、NANKANG(ナンカン)は低価格な上に性能が良く、ドリフトユーザーに好まれて広まっていったタイヤです。

 

 

NEXEN(ネクセン)は韓国では有名で、韓国で第3位のタイヤメーカーで、特にビード部分の品質が良いことで知られています。

 

 

激安輸入タイヤの国内での市場規模は、全体の3~4%程ですが、信頼できるメーカーのものを選べば、乗り心地や安全性は国産タイヤや有名海外メーカーのタイヤと遜色ない品質ですので、問題ありません。

 

 

車検もきちんと通りますし、国際基準をクリアしたものやPL保険にも加入済みの商品であれば、アフターケアその他の面でも安心です。

 

 

但し、あまりにも安価なものを選ぶと、バーストしたり、すぐタイヤが減ったりすることがあるようです。

 

 

その代表な輸入タイヤを取り扱うのがAUTOWAY(オートウェイ)です。

 

 

楽天・ヤフーでタイヤランキング独占中です。

 

 

また他社より圧倒の低価格の上、販売本数1,000万本突破!在庫70万本以上!全国タイヤ取付協力店3,300店以上とネット通販でタイヤを購入するならここが1番だと思いますよ!

 

 

しかも最短翌日のスピード配達ですし、ヤフーカスタマーケア賞受賞の丁寧・誠実な対応ですので・・・。

 

 

従来のタイヤ販売店では取り扱っていない海外メーカーの激安タイヤを豊富にラインナップもしています。

 

 

ぜひ日本最大級のタイヤメガストアAUTOWAYの激安タイヤ通販サイトをチェックしてみてください。

 

 

安くて性能の良い輸入タイヤが見つかります。

 

 

国内最大級!輸入タイヤ・ホイールのメガモール

 

>>AUTOWAY詳細はこちらから

 

 

 

 

 

品質?イメージ?国産タイヤと輸入タイヤの違いを知っておこう

輸入タイヤの性能は?

 

国産タイヤと輸入タイヤの違いにはどんなポイントが有るのでしょうか。

 

 

もともと、車文化は欧米から入ってきたので、欧米系のタイヤブランドは国産メーカーをしのぐノウハウを保持していましたが、戦後日本の工業化が急激に進むと、国産タイヤの品質も急上昇し、欧米などの海外タイヤの品質と肩を並べるようになっていきました。

 

 

最近では、アジアなどで生産された「激安輸入タイヤ」が出現し、当初はやはり、既存のタイヤに比べれば品質面で不安な部分も多く、多くの顧客を引き込むまでにはなりませんでした。

 

 

しかし、経済のグローバル化が進展し、多くのメーカーが統合や資本・技術提携などを行う中で、こうした国産や輸入という区別自体が余り意味を持たなないものとなっています。

 

 

ダンロップタイヤやグッドイヤーなどの欧米の有名タイヤブランドも国内では日本企業の傘下に入ったり、国内の有名ブランドタイヤであっても生産はアジアで行なっているなど、タイヤやメーカーの国籍は品質の物差しにならなくなってきているのです。

 

 

ミシュランやピレリなども、スタッドレスタイヤは日本の雪質に合わせる為に国内で開発するなど、技術提携などもボーダーレス化しているのです。

 

 

ですから、輸入タイヤか国産タイヤかにこだわるよりも、メーカーの信頼性やネット通販などで、自分が納得できるタイヤ探しをすることが大切なのです。

 

 

>>タイヤはネットで安く買う

 

 

 

 

 

国産タイヤと遜色ないミニバン輸入タイヤのオススメはどれ?

ミニバン輸入タイヤ

 

ミニバンは車重があり、車の重心が高い特徴があるため、コーナリング時に外側のタイヤに負荷がかかりやすく、特にタイヤの外側が大きな荷重に耐えうるタイヤを必要があります。

 

 

ミニバン専用タイヤは、外側のサイドウォールの強度を上げて、しっかり車を支えながら強いグリップ力を発揮し、走行時の不安定性やタイヤの片減りなどを軽減して快適な乗り心地を実現しています。

 

 

ミニバン専用タイヤの発売当初は、ミニバンの車重を支える為に硬く頑丈なタイヤ設計で、不安定性や片べりは軽減されても、静粛性や乗り心地が今ひとつで、マイナスイメージをもたれている方も多いかもしれません。

 

 

しかし、ミニバンはファミリーユースが中心となるために、これを踏まえた上で品種改良が早急に行われ、快適なタイヤへと変化を遂げてきました。

 

 

ミニバン輸入タイヤのオススメは、ナンカン、ネクセン、エーティーアールラジアルなどがあり、国産タイヤの半額以下で購入できるものも多くあります。

 

 

信頼できるメーカーのものであれば、走行性や乗り心地も国産のものと変わりなく、タイヤの減りも同等です。

 

 

良心的なAUTOWAYタイヤ通販なら、車に合った輸入タイヤを選びだしおすすめタイヤを紹介してくれ、事前の調査などと合わせて選べば、お値段以上の満足感が得られると思いますよー。

 

 

>>AUTOWAYタイヤ通販はこちら

 

 

 

 

 

乗り心地と走行性を両立する輸入タイヤおすすめブランド

輸入タイヤ(ナンカン)NS-2

 

台湾NANKANG(ナンカン) は、高い品質から激安輸入タイヤを日本に広めたメーカーの一つで、中でもNS-2が非常に人気です。

 

 

また、ナンカンのセカンドブランドであるSONAR(ソナー)は雑誌でも紹介される注目株で、SX-1は月間売上本数は約1000本という急成長のブランドです。

 

 

韓国のNEXEN(ネクセン)は、非常に品質が良いとして信頼度の高いメーカーで、特にN5000は乗り心地も良く、静粛性に優れた評判のタイヤです。

 

 

インドネシアのATR SPORT(エーティーアール スポーツ)は、近年、急激に人気が上昇中の注目ブランドでドリフトユーザーに大人気のメーカーです。

 

 

また、逆輸入タイヤも高品質ですが、国産品より安いために人気です。

 

 

YOKOHAMA(ヨコハマ)タイヤの、「ADVAN」ブランドの「DNA」シリーズ、DUNLOP(ダンロップ)の「SP」シリーズや「DIREZZA(ディレッツァ)」も人気です。

 

 

2003年、住友ゴムに吸収合併されたFALKEN(ファルケン)、DUNLOPやFALKENを製造しているSUMITOMO(スミトモ)も信頼できるブランドです。

 

 

国産・輸入にこだわらず、高品質で低価格のタイヤを探し て、満足のいくカーライフを送りましょう。

 

 

 

 

オートウェイで激安・格安の輸入タイヤ

 

タイヤは1本だけ変えると言うわけにはいかないので結構、高い買い物ですよね。

 

 

年数が経つにつれてタイヤの摩耗やひび割れ、年々タイヤのゴムも固くなって行き、タイヤ交換しないといけないけれどお金がなく、ついつい後回し、危険なのは十分承知なんですが、そのままの状態で乗っていることはないでしょうか?

 

 

そこで今回、お勧めなのが輸入タイヤなんです。

 

 

輸入タイヤの最大のメリットは何と言っても安さが挙げられます。

 

 

今のような不景気の中なら少しでも安いものがいいですよね。

 

 

もちろん、商品的に悪いから安いというわけではなく一流の商品です。

 

 

特に激安・格安で購入できるアジアメーカー系のタイヤですがそのレベルは、もうすでに世界標準にあるといえるでしょう。

 

 

違いといえば、各メーカーがどれだけ名前が売れているか・・・。

 

 

 

 

 

 

オートウェイでタイヤを探そう!

 タイヤサイズの確認

 

今、車で履いているタイヤ幅、タイヤの高さ=タイヤ幅×扁平率、インチを調べましょう。

 

 

例えば、タイヤにはこのようにサイズが書いてあります。

(195/65R15)自分の車のタイヤサイズをメモしておきましょう。

 

 

オートウェイ

タイヤはネットで安く買う

 

 

 

 

車のタイヤ関連記事

リンク1 輸入タイヤの性能は?低価格な上に性能が良く好まれる(現在のページ)

リンク2 車のタイヤ寿命、乗り心地や燃費にも影響する基礎知識

リンク3 オートウェイ評判、高品質でリーズナブルな輸入タイヤを販売

リンク4 オートウェイ輸入タイヤの通信販売!めちゃ安いと評判!

リンク5 オートウェイ激安タイヤ通販やっぱり安いのはココでした

リンク6 性能抜群オートウェイスタットレス激安タイヤ通販が安い

 

 

関連記事

  1. AUTOWAY激安タイヤ通販
  2. オートウェイ評価
  3. ナイキスニーカー値段
  4. 千葉県銚子大洋自動車教習所の体験
JAL日本航空 先得

JALで行くならマイルを貯めよう!

JAL日本航空 JMB入会

瀬戸朝香さんTVCM放映中!

万田酵素デビュー

万田酵素プラス温が無料で試せる

万田酵素の詳細はこちらクリック!