webデザイナーになるため資格を独学で学ぶために必要なこと

この記事は4分で読めます

 

七五三 

webデザイナーを独学で学ぶ男子

 

独学でwebデザイナーになるために必要な勉強や資格は?

webデザイナーになるには、
webデザインを構築していくための基本スキルである
IllustratorやPhotoshopをまず習得することが大切です。

 

 

独学でwebデザインを習得する際に必須なのが参考書ですが、
選び方のポイントは、一つのページをゼロから作り上げていく
内容のチュートリアル形式のものであることです。

 

 

全くの初心者であれば、手順を追って作り込まなければ
作業が行き詰ってしまうので、
解説が丁寧に書かれている本を探すことが大切です。

 

 

さらに、デザインだけでなくウェブ作成に欠かせない
HTMLやCSSを習得するには、全くのゼロの状態から
コーディングを始めていくチュートリアル本が不可欠で、
場合によってはスクールに通うよりも
深い理解を得ることが可能となります。

 

 

ある程度の知識が身に付いたら、
リファレンス形式の本や逆引き辞典、
ネット検索などでも充分に知識を習得できるようになります。

 

 

そして何よりも実践が大切ですので、
まずIllustratorやPhotoshopで
簡単なホームページを作ってみて、
実際に動くようにHTMLやCSSで作り込み、
ネットサーバーと契約して
実働させてみると勉強になります。

 

 

独学で大切な事は、得意分野をどんどん伸ばして、
自分の強みを作っておくことです。

 

 

デザインが得意であれば、ウェブだけでなく映像や雑誌などの
デザインも勉強すれば役立つし、コーディングが得意な場合、
言語系やWordPressなどのCMSを極めれば仕事の幅が
どんどん広がっていくのです。

 

 

webデザイナーになるには何から始めればいいのでしょうか?

webデザイナーになるには未経験者でもOKですが、
まずは必要なスキルを知っておきましょう。

 

 

一番に知っておくべきなのがHTMLの知識です。

 

 

最近はHTMLを使わずにホームページ作製が出来る
ツールも多くありますが、webデザイナーとして働くからには、
簡単なホームページくらいはHTMLで
コーディングできるくらいのスキルが求められます。

 

 

次に必須となるのが、CCSの技術です。

 

 

カスケーディング・スタイルシートと呼ばれますが、
これは現在のwebデザインでは様々なレベルから
スタイリングできる不可欠な技術となっています。

 

 

さらに、webアプリ開発に欠かせない
JavaやPHPなどのプログラム技術も知っておくことが大切です。

 

 

webデザイナーとはいえ、
プログラマーが開発したシステムを読み解く能力が不可欠なのです。

 

 

webデザインには最近、
映像だけでなく、音楽やゲーム要素が含まれたコンテンツも
多くなっていますので、独自の強みを生かした
仕事展開が出来ると有利です。

 

 

さらに、作成したホームページを実際にネット上で
パフォーマンスよく稼動させるためのネットワークの
知識も不可欠となります。

 

 

また、webデザイナーは単独で仕事を進めることが多いので、
ユーザーへのプレゼンテーション能力などを含めた
コミュニケーション能力も求められてくるのです。

 

 

このように、
webデザイナーになるには、システム開発やネットワークなど
多岐に渡る技術を身に付けることが求められるのです。

 

 

将来性のある仕事を探したいならwebデザイナーがオススメです!

何かを調べたいとき、必要なものを買うとき、
今やネットを使うのは常識ですよね。

 

 

そんなときに必ず使うインターネットの
ホームページをデザインするのが、webデザイナーの主な仕事です。

 

 

今や企業の殆どがホームページを使いますし、
webデザイナーの仕事は今後も市場として伸び続ける事は確実です。

 

 

ですから、
将来性のある仕事を選びたいなら
webデザイナーを選ぶ事は正しい選択なのです。

 

 

webデザイナーの仕事は多彩ですし、
働き方も多様なので、ケースによって必要なスキルは違いますし、
多くの資格を持っていた方がどんな仕事も受けやすくなります。

 

 

仕事によっては色々な職種の勉強も出来ますし、
多くの人に合うので、コミュニケーションスキルが必要になるなど、
仕事をすればするほどキャリアアップできるのも特長です。

 

 

最近のwebデザイナーは、デザインだけでなく、
映像や音楽などを含めたコンテンツ作成やネットワーク構築、
システム開発などの様々な内容を任されることも多く、
多岐に渡る資格や知識を持っている
webデザイナーが求められるようになってきています。

 

 

ですから、
日々新しい技術や資格への興味を持って仕事をすることで、
仕事への遣り甲斐や次の仕事へのステップとする事が出来るのです。

 

 

今の仕事に遣り甲斐を感じない、
仕事でキャリアアップしたいと考えている方にとって、
将来性を兼ね備えたwebデザイナーは最適な職種です。

 

 

人気のwebデザイナーの求人はどんな形態があるのでしょうか?

今や引く手あまたの職種として人気のwebデザイナーですが、
webデザイナーになったらどんな求人があるのでしょうか?

 

 

webデザイナーは働き方も多様なので、
自分の適性やライフスタイルに合わせて
仕事を選べることも大きな魅力です。

 

 

持っている資格次第では、
新卒でも転職でも問題なく就職できますし、
働き方としては、企業に入って正社員になる、
在宅で外注を受けてフリーとして働く、
キャリアを積むためにアシスタントやインターンになる、
空いた時間を活用するアルバイトとして働く、
など、自分らしく働きながらキャリアアップできるのです。

 

 

webデザイナーはwebデザインだけでなく、
仕事を受ける多業種の仕組みを知っておくことが大切なので、
パソコンやネットだけではない幅広い知識や、
自分の作品をアピールするプレゼンテーション能力、
お客さまとのコミュニケーション能力など、
多くの要素が必要となりますので、
自分のやる気次第で、
年齢がネックになるということもありません。

 

 

企業に入ってチームとして働く場合は、
任されたデザインを作りこむ作業になりますが、
他のメンバーの仕事を理解するためにも、
コーディングなどの知識も不可欠になりますし、
フリーとして働く場合は、webデザインだけでなく、
システム開発やネットワーク構築なども任されることが多いので、
より多くの知識や資格を持っていなければなりません。

 

 

webデザイナーを目指すなら、
どんな働き方をしたいのかも考えて、
必要な知識や資格はしっかり取得するようにするのが成功の鍵です。

 

 

ハロウィンはイベントで子供と楽しむ ハロウィンおすすめアイテム

 

関連記事

  1. 高校生 夏休み バイト おすすめ
  2. webデザイナー未経験しっかり指導する
  3. 全国高校生バイト探しマップ
  4. webデザインスクールの風景
JAL日本航空 先得

JALで行くならマイルを貯めよう!

JAL日本航空 JMB入会

瀬戸朝香さんTVCM放映中!

万田酵素デビュー

万田酵素プラス温が無料で試せる

万田酵素の詳細はこちらクリック!