ノロウイルスの予防策!マスクと消毒スプレーでしっかり防ごう!

この記事は2分で読めます

 

毎年寒くなったなぁと感じる頃に流行が始まる「ノロウイルス」。

感染すると下痢と嘔吐でもう大変です。

 

 

我が家には小さな子供たちがいるので、感染しないように予防策には力を入れています。

感染力が強いので、家族の誰かがかかってしまうと一家全滅になりかねませんもんね。

 

 

ノロウイルスと闘いながら子供たちを看病するのもしんどいので、とにかくウイルスを取り込まないようにマスクを使ったり、ウイルスを消毒するためにスプレーを使ったりといろんな予防策をとっています。

 

 

今日はそんなノロウイルスの予防策について書いてみたいと思います。

 

 

 

まずはウイルスを取り込まない!マスクでの予防策!

 

まずはウイルスを家に入れない!

これが1番大事なことですよね。

 

 

ノロウイルスは空気感染する可能性は低いと言われていますが、ノロウイルスに感染している人のセキやクシャミなどから飛沫感染する可能性は十分にあります。

 

 

口や鼻からウイルスを取り込まないようにできるので、マスクでの予防はオススメです!

外から帰ったら簡単に捨てられるので、使い捨てのマスクが便利ですね。

 

 

 

ウイルスが入ってきたら、消毒してやっつけよう!

 

もしノロウイルスが家の中に入ってきても、しっかり消毒をすることで感染を防ぐことが出来ます。

 

 

外から帰ってきたら手洗いうがいはもちろんですが、家族みんなが使うトイレのドアノブや手すり、テーブルやいすなどの家具などは消毒スプレーを使って消毒すると安心です。

 

 

金属部分についてしまうとサビてしまうものもあるので、我が家ではアルコールタイプのスプレーと除菌シートを使って消毒していますよ!

 

 

私が特に気を付けているのが料理のとき。

 

 

御飯にウイルスがついてしまっていたら、それこそ一家全滅です。

ノロウイルスは熱に弱いので、まな板と包丁はいつも熱湯で消毒するようにしています。

 

85℃以上のお湯で1分以上消毒するとウイルスをやっつけることができますよ!

うちには小さな子供がいて薬剤も少し不安なので、食器やマグなども熱湯消毒するようにしています。

 

 

 

まとめ

 

  1. 最初の予防策!マスクでウイルスを防ごう!
  2. 家での予防策!消毒スプレーが大活躍!

 

 

嘔吐と下痢って本当につらいですよね!

自分自身がかかってもキツイのに、子供がかかると見ていて変わってあげたくなります。

 

 

ノロウイルスは感染力が強いので、看病をしながら自分も感染しないようにいつも注意しています。

子供のオムツを変えるときには使い捨てのゴム手袋とマスクを使いますし、部屋の換気もしっかりします。

 

とにかく予防策をしっかりとって、ノロウイルスに負けないようにしたいですね。

 

 

関連記事

  1. スパークリングワインのつまみ
  2. 汚部屋の片づけ方
  3. ベランダ掃除の仕方
  4. 学習机 掃除
JAL日本航空 先得

JALで行くならマイルを貯めよう!

JAL日本航空 JMB入会

瀬戸朝香さんTVCM放映中!

万田酵素デビュー

万田酵素プラス温が無料で試せる

万田酵素の詳細はこちらクリック!